借金を返せないでいると一括請求が!このあとどうなる?どうする?

一括請求

借金を返せないで滞納していたら、「一括請求の通知」が来て大あわてなんてこともあります。

借金を返すのが苦しくて滞納していたのに「一括で全額支払うように」と言われても

そんなの一括で払えない・・・

と思いますよね。

でも安心してください。

借金を返せなくなっていても、一括請求の通知が来た段階では、まだ十分対応が可能です。

ここでは金融業者から一括請求の通知が来たあと、そのままにしておくとどうなるのか。どうすれば解決できるのかを説明します。

借金を返せないままでいるとどうなる?

借金が返せないで期日に遅れると、債権者から連絡が入ります。
それは電話のこともあれば郵便のこともあります。

最初のうちは期日に遅れた分だけの請求です。
しかし、滞納が重なると借金残額の一括請求をされます。

借金を返せなくなって債権者から届いた一括請求の通知の中には「法的手続きをとる」とか「差し押さえをする」とか書いてあることもあります。

それを読むと

裁判されて差し押さえをされるの?

とますます不安になってしまうかもしれません。

ですが、そもそも借金の返済が苦しくて滞納しているのに、一括で全額支払えと言われてこれを一括で支払える人はいません。

そうは言っても、借金を返していないのは紛れもない事実。

あなたが何も対応しなければ、今後どうするかを決めるのは債権者の金融業者です。

借金を払わなければ
金融業者は本当に裁判をしてくるかもしれませんし、裁判の結果が出ても借金の支払いをしなければ差し押さえをしてくるかもしれません。

差し押さえられて一番困るのは給料です。

給料を差し押さえられると、毎月一定の金額を給料から差し引かれてしまいます。

給料を差し押さえされると、借金を返せていないことを会社に知られてしまうだけでなく、給料を全額受け取れないと生活も成り立たなくなってしまいます。

そうなる前に、借金が返せなくなって金融業者から一括請求の通知が来たら早めに対処することが必要です。

借金を返せなくなったらどうする?早めの対処法

借金の一括請求の通知に「期限までに支払いをしないと差し押さえをしますよ」と書いてあることがあります。
合わせて「期限までに連絡をするように」とも。

このような通知を受け取ると、差し押さえは避けたいので、あわてて金融業者に連絡を入れてしまうことがあります。

注意
差し押さえ予告通知が来ても、あわてて債権者の金融業者に連絡することはおすすめできません。

すでに借金を滞納している状態で個人で債権者である金融業者に連絡を入れるべきではありません。

個人で金融業者に連絡してはいけない理由

どうして連絡してはいけないのか
一括請求が来ても個人で金融業者に連絡してはいけない理由は、不利な和解をさせられてしまう可能性があるからです。

債権者の金融会社から届く一括請求の通知は、きつい言葉を使うことによって、債務者にプレッシャーを与え、できれば滞納した借金を任意に支払わせようと考えているのです。
債権者の金融業者も、裁判や差し押さえといった面倒な手続きをしたいわけではありません。

それなのに、個人で金融業者に連絡するとどうなるでしょうか?

電話の相手は、毎日同じような交渉をしている百戦錬磨の金融業者の社員です。
親身になって話を聞いてくれるように感じるかもしれませんが、結果としては金融業者に有利な条件で和解をさせられてしまいます。

では、金融業者との話し合いでどういう不利益があるでしょうか?

金融業者に連絡することの不利益の例

差し押さえ予告通知が来てもあわてて債権者に連絡することによる不利益の例は、次のようなものがあります

債権者にあわてて連絡した不利益

  • 任意整理より不利な和解をさせられる可能性がある
  • 長期間支払っていない場合、時効で支払わなくて良くなるかもしれない
  • そもそも差し押さえられるものがないかもしれない

任意整理より不利な条件の和解をさせられる

借金を滞納して債権者から差し押さえ予告通知を受け取るということは、支払いが苦しくなっていて、一括返済に応じることはほぼ無理でしょう。
また、他からも借り入れがあって、そちらの返済も苦しくなっているかもしれません。

このような状態を解消するには、債務整理をして法的な解決をするしかありません。

債務整理をすると
例えば弁護士や司法書士に依頼して任意整理をすると、利息をカットして和解することができます。
自己破産をすれば借金全額の支払い義務が無くなりますし、個人再生をすれば元金の一部だけを支払えば済みます。

しかし、個人で金融業者と交渉すると、利息無しで和解というわけにはいきません
同じ払うという解決をしたとしても、任意整理より不利な和解をさせられる可能性があります。

弁護士や司法書士に依頼すると報酬などの費用が心配かもしれませんが、利息を払うことを考えれば安いものです。

時効になっている借金の和解をすることがある

長期間借金を返していない場合、時効になる可能性もあります。

長期間(5年以上)債権者から借り入れをすることもなく返済もしていない場合は、時効になっている可能性が高いです。

時効の場合は、時効を主張すれば借金の支払い義務がなくなります。

時効なのに
一括請求の通知に驚いて債権者に連絡して返済の約束をすると、時効の主張ができなくなってしまいます。

時効の可能性がある場合は、まずは弁護士や司法書士に相談してください。

差し押さえられるものがないかもしれない

そもそも差し押さえられるものがなければ、差し押さえを心配する必要はありません。

差し押さえられて困るものは、給料や預金。
一方、差し押さえできないものは、家財道具や年金、生活保護費です。

ただし、差し押さえられるものが無いと言っても、ほったらかしにすることはおすすめできません。
なぜなら、借金が残ったままであなたに万一のことがあったら、借金は相続人が引き継ぐからです。
できるだけ早めに債務整理をしてきれいにしておくのが良いですよ。

まとめ

借金を返せなくなって金融業者から一括請求を受けたとき、あわてずに司法書士や弁護士に相談して債務整理をすれば解決できます。

債務整理をすると家族や周りに迷惑がかかるのでは?と心配される方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。

債務整理の相談に来られた方は、最初は暗い顔をしていても、解決が見えてくると表情が変わってて明るくなってきます。

本当の自分と落ち着いた生活を取り戻すためにも、勇気を出して債務整理の相談に行ってください。