母子家庭の携帯電話は格安スマホに乗り換えて家計節約

格安スマホ

母子家庭の家計は、限られた収入を節約しながら必死でやりくりしていることが多いです。

仕事でシングルマザーの家計を見ることがありますが、よくよく見ると無駄な部分もあり、もっと節約ができるのになと思います。

その代表がスマホの携帯電話料金。家計を見ると、家計に占める携帯代の割合が高いことも多く、スマホの料金が月に2万円とか3万円ということも普通にあります。特に子どもがギガをたくさん使うと、そうなります。

毎月2万も3万も払うと、スマホの携帯電話料金は、母子家庭でなくても家計の大きな負担となってしまいます。スマホの携帯代を節約できれば、シンママの家計も少し楽になりますよね。

母子家庭でスマホをドコモ、au、ソフトバンクといった大手キャリアを使っているときは、携帯電話会社を格安SIMのスマホに乗り換えることで、家族で合わせて1万円以下にすることだってできます。そうすれば月1万か2万は家計の節約になりますね。

格安SIMのスマホって何?メリットデメリット教えて

格安スマホとは

テレビで「UQ」や「mineo」のCMを見ることがありますよね。あれが格安スマホで、UQやmineoは格安スマホの代表的な会社です。

格安スマホの会社は、スマホの端末自体安いのを売っています。でも、別に安いスマホだけじゃなくてiPhoneでも他のスマもでも使えます。大手のドコモ、au、ソフトバンクと違って、安くスマホが使える会社なんです。だから、大手から乗り換えるだけで、携帯料金を下げることができるんです。

今使っているスマホそのまま乗り換えることもできますよ。

格安スマホのメリット

格安スマホのメリットは、何と言っても毎月の携帯電話料金が安いということです。

どのくらい安くなるかというと、3ギガまでのプランだったら2000円以下になります。格安スマホのnuroモバイルでは簡単に料金診断ができるようになっているので、試しにやってみてください。

私が試しにやってみたところ1680円になりました。

nuro mobile

さらに家族の分も合わせると割引があったり、ギガを分け合えたりもできるので、かなり安くなります。

格安スマホのデメリット

安いは正義ですが、デメリットもあるので、乗り換える前に一応確認しといてください。

キャリアメールが使えない

1つ目のデメリットは、キャリアメールが使えないということ。

キャリアメールとは@docomo.ne.jpとか@ezweb.ne.jpとか@softbank.ne.jpのような携帯電話会社で使えるメールのことです。

ただ、今どきはLINEのようなメッセージアプリを使うことの方が多いですし、メールはGmailのようなフリーメールの方が使いやすいので、キャリアメールでないといけないことはほとんど無いと思います。

ただ、何かでキャリアメールを使っているときは、変更する必要はあります。

通信速度が遅くなることもある

格安スマホは大手の回線を使わせてもらっています。例えばUQはauの回線を使っています。

大手の回線は、大手のユーザーが優先です。だから、混み合っている時間帯には、大手のユーザーが優先されるために、格安スマホの通信速度が遅くなることがあります。

それでも遅すぎて使えないってことはないので、安心してください。

通話すると料金が高いかも

格安スマホで電話をかけると、30秒で20円位かかります。ちょっと高いですね。

よく電話をかける人は、かけ放題プランとか通話が安くなるプランも用意されているので、使い方に合ったプランにすると無駄がなくなります。

また、LINE通話を使っている人も多いので、相手もLINEを使っている場合はLINE通話で済ませれば電話の通話料はかかりませんよね。

格安スマホに変える手順

安くなるのはわかりました。でも、乗り換えるのが面倒じゃないの?

はい、格安スマホ乗り換えの手順を説明しますね。
STEP.1
SIMロック解除
乗り換え先によっては、SIMロックの解除を今使っている携帯電話会社でしてもらう必要があります。

SIMロックの解除とは、今使っている携帯電話を他の携帯電話会社の回線でも使えるようにする手続きです。

SIMロックの解除は、スマホからMy docomoなどにアクセスして自分ですることもできますし、ドコモショップなどの窓口で手続きすることもできます。

よくわからないしめんどくさそうってときはSIMロックを解除しないで乗り換える方法もあります。それは、同じ回線を使う格安スマホに乗り換えることです。例えば、今使っている携帯電話会社が

  • ドコモだったらドコモ回線を使う格安スマホ
  • auだったらau回線を使う格安スマホ
  • ソフトバンクだったらソフトバンク回線を使う格安スマホ
に乗り換えると、SIMロックの解除は必要ありません。回線別の主な格安スマホは次のとおりです。

SIMロックの解除が不要な組合わせ
今使っている携帯会社乗り換え先
ドコモnuroモバイル mineo biglobe
auUQ nuroモバイル mineo biglobe
ソフトバンクnoroモバイル mineo

この組み合わせだとSIMロックの解除は必要ありません。

STEP.2
MNP(モバイルナンバーポータビリティ)の手続き
まず、使っている携帯電話会社で、MNPの手続きをします。MNPとは、今使っている電話番号を、新しい格安スマホでも使えるようにする移転の手続きです。

MNPには、2000円から3000円の手数料がかかります。

この他に、今使っている携帯電話会社を解約するのに、2年縛りの更新月以外では違約金が発生することがあります。

乗り換えるのに費用はかかりますが、すぐに元が取れるので、違約金がかからない月を待つより、さっさと乗り換えるほうが結果的にはお得です。

STEP.3
格安スマホに申し込む
次は格安スマホに申し込みます。申込みはインターネットで簡単にできます。

申し込むときは、念のために今使っている携帯電話の機械が少し古い場合、そのまま使えるかどうか確認した方がいいでしょう。

STEP.4
開通手続き
申込みをして格安スマホの会社からSIMカードが届いたら、説明を見ながら、SIMカードを入れ替えて設定をします。説明どおりに進めれば難しくありません。

設定が終わって格安スマホの回線につながれば、それまで使っていた携帯電話会社は自動的に解約になります。

面倒に感じるかもしれませんが、一度やってしまえばずっと安く使えるのでがんばりましょう。

どの格安スマホを選ぶ?

格安スマホの会社はたくさんあって、どこを選べばいいのか迷ってしまいます。

マニアックに調べると、どんどん深みにハマってしまいます。

格安スマホの中では大手で、利用者も多く、評判も良い3社と、大手キャリアに対抗するためにできた1社を紹介します。この中から選べば問題なく使えます。

楽天モバイルは1年間無料

楽天モバイルは、大手3社に対抗するために楽天が始めた携帯電話サービスです。第4の携帯電話会社です。

楽天モバイルのエリアはまだ限られていて、関東、関西、中部の一部からサービスが始まり、徐々に全国に拡大しているところです。

楽天モバイルのエリア内だと、Rakuten Unlimitというプランにすると月額2980円で通話も通信も使い放題です!しかも1年間は無料!ただし、エリア外だと通信は毎月5ギガになってしまいます。

さらに、楽天のポイントが貯まるし、楽天で買物をすると楽天ポイントが+1倍になります。

すごくギガを使うとか電話でかなり通話する人の場合、楽天モバイルのエリア内だったらかなりお得です。

楽天モバイルのエリア内かどうかは、楽天モバイルのサイトで簡単に調べることができますよ。

楽天エリア内なら楽天モバイル

nuroモバイルは乗り換えしやすい

nuroモバイルはソニーグループの会社が提供する格安SIMです。他にも高速光インターネットサービスも行っています。

めちゃくちゃギガや通話を使うときは、楽天モバイルの方がお得ですが、そんなに使わないときはnuroモバイルの方が安く使えます。例えば、ドコモ回線を使う場合2ギガまでだったら14000円、7ギガでも2200円です。

データ容量を分けることもできるので、子どもがたくさんギガを使うときは、子どもにギガを分けてあげれば安く使えると思います。

nuroモバイルは初心者が乗り換えるには、一番乗り換えやすい格安スマホです。なぜかというと、SIMロックを解除しなくても乗り換えできるからです。ただし、今使っている携帯会社の回線に応じたプランにすることが必要です。ドコモだったらDプラン、auだったらAプラン、ソフトバンクだったらSプランです。

nuroモバイルは、面倒なことなく乗り換えるには一番良い格安スマホです。

乗り換えしやすいnuro mobile

UQは通信速度が速い

UQもテレビのCMで見たことがありますよね。

UQは格安スマホの中では、通信速度が一番速いと言われています。

料金的には、3ギガまでだと2000円以内<ですが、3ギガを超えると次は9ギガで2980円と楽天モバイルと同じ料金になってしまいます。同じ料金だったら使い放題の楽天モバイルの方がお得ですよね。ですが、そんなにギガを使わない3ギガに収まるときは、楽天モバイルより安く使えます。

また、auの回線を使っているので、auからだとSIMロック解除をしないで乗り換えることができます。

auから乗り換えるならUQモバイル

Biglobeはエンタメ系見放題

Biglobeは料金的には、mineoと同じような値段です。ただ、ユニークなのはエンタメフリーオプションです。月額480円でYouTubeなどの動画サービスやAmazonMusicなどの音楽配信、Rajikoなどのラジオが使い放題で、どれだけ使ってもギガを消費しません。子どもがYouTubeばかり見てギガをたくさん使っているという場合は、Biglobeでエンタメフリー・オプションをつけておくと良いかもしれません。

また、ドコモとauの回線を使っているので、ドコモとauから乗り換える場合はSIMロックの解除は不要です。

YouTube見放題Biglobeモバイル

まとめ

格安スマホに乗り換えると、携帯電話料金をかなり安くすることができます。どのくらい下がるかというと、携帯電話1台あたり1500円から3000円まで。子どもが2人いるシングルマザーの家庭で、月5000円から1万円位でしょう。

数ある格安スマホで乗り換えるとしたら

  • 楽天回線のエリア内で通信も通話も使い放題が良いときは楽天モバイル
  • とにかく安くしたいし乗り換えは簡単なのがいいときはmineo
  • あまりギガは使わないし今使っているのがauだったらUQモバイル
  • 子どもがYouTubeでギガをたくさん使うときはBiglobeモバイル

家計節約のために、まずは携帯電話を格安スマホに乗り換えてみてはいかがでしょう。手続きが面倒に思うかもしれませんが、一度やってしまえば、あとは毎月携帯を安く使えます。

また、他にも毎月の固定費を削れば家計の節約ができますよ。